ヒゲ脱毛で会社を長期間休むには?

髭のレーザー脱毛や光脱毛の後は少なからず施術の跡が残ります。

 

そのため、施術部位や脱毛機器の出力によっては見る人が見れば一目で脱毛をしたことがバレてしまい、それに抵抗がありなかなかヒゲ脱毛に踏み切れずにいるという方は少なくありません。

 

独立していたり、自営業の方であれば仕事や時間の調整が可能かと思いますが、会社勤めをしている方は基本的に出勤時には必ず誰かと顔を合わせる必要があります。ヒゲ脱毛を絶対に誰にも知られたくない、人知れずひっそり行いたいのであれば、会社勤めの場合は会社をしばらく休むなどの対策が必要になる場合もあります。

 

ヒゲ脱毛で休職制度を利用できる?

なんらかの理由によって会社を休まなければならなくなった場合、労働者が会社を休むことを休職と言います。

休職の理由としては、労災以外の病気や災害、家族の介護、海外への留学、裁判などの紛争などが代表的です。また、労働者が会社から懲戒処分として休職を命じられることもあります。

休職では仕事をしていなくても労働契約が解消されているわけではないので健康保険や厚生年金の会社負担分は会社が継続して支払義務を負うことになります。ただし、労働法などの法律は休職に関する特定の義務を会社に対して設定しておらず、休職の取り扱いというものは会社によって大きく変わってきます。労働者の休職を認めるかどうか、休職期間をどれくらいに設定するのか、休職中の給料の支払いをどうするかなどは全て会社の規定や裁量次第です。

 

通常、休職の理由として認められるのは基本的に業務遂行に支障が出るような病気や怪我に関してのみというのがほとんどです。

 

しかし、脱毛や美容整形を理由として休職している方も世の中には少なからずいるので、まずは就業規則を確認し、休職の許可が下りるようであれば上司に相談してみるといいでしょう。

 

ただし、この「休職」を利用する場合は、何かしらのもっともらしい理由が必要になります。もっと手軽に休むには有給休暇などを利用して土日休みや長期休暇に合わせて長期の休みを取るのが良いのですが、そもそもヒゲ脱毛後の泥棒髭問題は「ヒゲ脱毛をばれないようにするために」でも解説している通り、長い場合だと3週間近く続きます。

 

ヒゲの自然脱毛までには時間を要する点や施術を数十回、数年に渡り行わなければならないと考えるとその都度長期の休みを取ることは難しくなります。そもそも3週間程度の休みを有給で取るのはなかなか困難な方が多いと思います。

 

はじめの一回は不安もあるとは思いますが、意外とあなたが気にしているほど周りはあなたのことを見ていないものです。

 

マスクなどで対応したり、ヒゲ脱毛後泥棒ヒゲが目立ってきたときだけ休みをとるなど工夫して乗り切るのが長期間施術を行うヒゲ脱毛においては無難かと思います。どうせならひっそりとやりたい気持ちもわかりますが、マスクなどでもある程度隠すことはできるので休みを取るのも良いですが使える道具でばれ対策をするのもよいかと思います。

 

少ない期間(短期間)の休みでヒゲ脱毛を隠すには?

レーザー脱毛をした後、2日、3日もすれば跡は大分目立たなくなります。そのため、レーザー脱毛では休職制度を利用するよりも、先にもお伝えした通り連休や有給休暇を利用する方が現実的です。

 

その中でなるべく長期の休みを取るのであれば年末年始、お盆、ゴールデンウィークなどはレーザー脱毛を受けるのに適したタイミングと言えるでしょう。レーザー脱毛は二ヶ月くらい間隔を空けて受けるのが望ましいですが、期間を置いても着実に効果は蓄積されるので、こうした連休を利用してじっくりと永久脱毛を実践していくことも十分に可能です。

 

また、日本は年休取得率が低いことで知られていますが、年休が取りやすい職場環境にいる方は年休を利用してレーザー脱毛を受けるのもいいでしょう。