ヒゲ脱毛は隠すもの?

日本人は彫りの浅い顔立ちをしているので、ヒゲが似合うという男性はそれほど多くはありません。また、日本ではヒゲを剃ることはビジネスマナーの1つと考えられており、ほとんどの男性(サラリーマン)は基本的に毎日ヒゲを剃る必要があります。

 

ヒゲ剃りは時間がかかり面倒なものです。特に、ヒゲが濃い男性は朝に剃ったヒゲが昼にはまた生えてきてしまい、職場で髭を剃らなければならないという方もいます。

 

近年では脱毛技術が飛躍的な進歩を遂げ、ヒゲの脱毛を希望する男性が増えてきています。

 

ヒゲを脱毛すれば毎日のヒゲ剃りにかかる時間を節約できるだけでなく、肌に余計な刺激を与える必要もなくなり、ツルンとした綺麗な肌を手に入れることができるようになります。ヒゲ脱毛をしている男性は周囲にそのことをカミングアウトしている方も多いです。

 

しかし、ヒゲは男らしさの象徴でもあり、ヒゲ脱毛をすることに恥ずかしさや後ろめたさを感じているという方もやはりいます。また、男性だけではなく、女性にもヒゲ脱毛を受けている方は少なくありません。こうした方はできるだけヒゲ脱毛をしていることを周囲に隠したいと考えることでしょう。

 

最もばれやすい泥棒ヒゲの期間を回避しましょう

ヒゲ脱毛は定期的に受ける必要がありますが、施術そのものは20分程度で終了します。施術を受けるのも一ヶ月に一回程度なので、時間がある時に気軽に足を運ぶことができます。

 

ヒゲ脱毛を受けるおすすめのタイミングはやはり連休前です。というのも、ヒゲ脱毛では施術後、しばらく泥棒ヒゲの状態になります。泥棒ヒゲとは、アニメに出てくる泥棒のように口周りに黒く濃い髭が生えている状態のことです。

 

ヒゲ脱毛では毛が生えてくる細胞に熱を与えて発毛機能を停止させますが、その際、毛が熱膨張を起こしてしまい、肌表面に黒く浮かび上がってしまうのです。ヒゲ脱毛の施術後の泥棒ヒゲは通常の泥棒ヒゲとは見た目の印象が異なるので、脱毛をしている人などには一目でヒゲ脱毛をしたということがばれてしまいます。

 

泥棒ヒゲはしばらくすれば勝手に抜け落ちていくので、連休前のタイミングでヒゲ脱毛を受けることで、なるべく休みの期間を長く取り、会社出勤前に泥棒ひげを解消することができます。

 

もっとも、本人の体質や脱毛機器の出力によってはしばらく泥棒ヒゲが残ることもあります。特に、施術を受け初めの頃はまだ沢山毛が残っているので、泥棒ヒゲが長引きやすいです。泥棒ヒゲが気になるという方は初めの内は脱毛機器の出力を抑え気味にしてもらい、少しずつ脱毛を進めていくのもいいかも知れません。