ヒゲ脱毛をこっそり受けたい人へ

濃い髭が気になる。青い髭が気になる。毎日の髭剃りが面倒くさい。
髭に関する悩みは人それぞれにあると思います。

 

考えるのも面倒くさい髭の悩みを解消したいと思っているものの、髭を脱毛することに抵抗を感じている人もいると思います。

 

  • 男なのに脱毛って変かな?
  • 脱毛してることばれたらバカにされないかな?
  • 脱毛で病院に通うのってなんか恥ずかしい・・・

そんな悩みを抱えている人もいます。

 

髭脱毛は時間的メリットも多く、今では男性でも受ける方が多いです。むしろ髭の脱毛は主に男性のための施術でもあります。
恥ずかしがることはないですが、どうせなら誰にも知られることなく受けたいという気持ちもわかります。

 

当サイトではそんな髭脱毛を受けたいけど、クリニックに通うことに抵抗を感じている人に向けて周りにばれずに髭脱毛を受ける方法やコツを紹介します。

 

まずはヒゲ脱毛の基本をおさらい

髭脱毛をばれずに受けるには髭脱毛がどういうものかを知っておくのも大事です。

 

本格的に知る必要はありませんし、クリニックにカウンセリングや施術を受けに行けば一通り大切なことや知っておくべきことは説明してもらえますので、ザックリと大まかな流れとばれずに受けるために必要な部分をまとめます。

 

  1. 施術は一度で終わらない
  2. 施術後は副作用的症状が現れる可能性がある
  3. 施術後数日〜数週間は泥棒ヒゲ状態になる可能性がある

 

ではもう少し詳しく解説します。

 

施術は一度で終わらない

髭脱毛は一度で永久脱毛が完了するわけではありません。複数回に渡りレーザーや光を照射することで徐々に髭を薄く、そして毛根組織を破壊していきます。(破壊というと怖いですがそうやって髭が生えないようにする施術です)

 

今生えている髭(見えている髭)は全体の約7〜8割と言われています。また、その中で成長期の髭にだけ効果のある施術になります。そのため、一度では施術が終わりません。

 

今行う施術は今生えている成長期の髭に対して行うものなので一度施術を受けた後は次に生えてくる髭を待って生えてきた髭に対してまた施術を行います。これを髭がなくなる(またはあなたが納得いく薄さになる)まで続けるのが髭脱毛です。

 

施術後は副作用的症状が現れる可能性がある

施術は高出力のレーザーを髭の生えている箇所に照射することで熱を持って毛根組織を破壊します。
そのため、肌には炎症や腫れ、毛嚢炎ほか、様々な副作用的な肌トラブルが起こる可能性があります。

 

施術を受けた方全員に現れる症状ではありませんが、肌が敏感な方やもともと色白の方は施術による副作用が強く表れる可能性があります。

 

重度のトラブルはほとんどありませんが、人によっては口周りが赤くなったり、髭脱毛を受けたことを感ずづかれてしまう原因になる場合もあるので注意が必要です。

 

施術後数日〜数週間は泥棒ヒゲ状態になる可能性がある

髭脱毛は熱により髭の毛根組織を破壊しますが、熱により毛根部分のメラニン色素が膨張して髭が一時的に濃く見えてしまう症状が泥棒髭です。

 

人によって度合いや感じ方は異なりますが、普段より少しだけ髭が濃くなったように感じることが多いです。僅かな差なので左程気にすることではありませんが、周りのばれを気にする方は気にするあまり僅かなことにも敏感になってしまいます。

 

これもポイント2で紹介した副作用的症状みたいなものなので防ぎようがありませんが施術後レーザーや光を当てた髭が脱毛することで症状は治まります。数日〜2週間は口元を隠したり、少し神経質になる期間が続く可能性があります。

 

バレずに受ける方法

髭脱毛に関してザックリと書きましたがあとはこの中でばれる可能性を潰せばいいだけです。

 

施術を受けるクリニックやエステ他、施術時に周りに知られない様にすることは基本として、周りにばれる最大のポイントは施術後2週間前後の施術を受けた髭が抜け落ちるまでの期間と施術を受けたことによる副作用や肌トラブルが落ち着くまでの期間をどう凌ぐ(しのぐ)かです。

 

一番手っ取り早いのは1〜2週間の休暇を取ることですが、正直ヒゲ脱毛はここまでやるほどのことではありません。もちろん長期の休みを取れるのであれば休みを2週間、できれば1週間だけでも取れば問題解決です。

 

でもそれはGW(ゴールデンウィーク)やお盆休み、年末年始くらいしか社会人には難しいと思います。

 

であれば、口周りを隠すのが手っ取り早いです。

 

風邪や花粉症と偽ってマスクを付けたり、口周りに薄くファンデーションを塗って見た目をぼかすのも有効です。

 

「男性で化粧品なんて」と思われるかもしれませんが、男性用のスキンケアも販売されているのでそういったもので物理的に隠してしまえばマスクなどで口元全体を隠さずともしのげる場合もあります。

 

バレ対策

ばれずに受ける方法としては「休みを取る」「口元を隠す」というのが手っ取り早いですが、要はばれに繋がる副作用や肌トラブルが起きなければ何も心配する必要はありません。

 

泥棒髭については施術を受けてみないことにはどうなるかわからない部分ではありますが、その他肌トラブルは普段の生活習慣を整えることである程度軽減することも可能です。

 

日常生活の不摂生は肌に現れます。施術前後1週間くらいは生活習慣を見直し、早寝早起きなど規則正しい生活を送ったり、飲酒や喫煙を控えるようにすること、食べ物は脂っこい物を避けることで本来防ぐことのできる肌トラブルは防げるようになります。

 

施術当日や施術後に対策を打つのではなく、生活習慣を見直すこともばれ対策になるので施術を受けると決めた場合は施術日前後は規則正しい健康的な生活習慣に戻してみると良いでしょう。

 

連休を活かすなら早めの予約が重要

こういったばれ対策を施術前に想定しておき、あなたにとってのベストなタイミングで施術を受けるようにしてください。

 

長期休暇を使う場合でも使わない場合でもなるべく長く休みを取りたいのであれば早めに施術の予約を取る必要もあります。

 

やはり髭脱毛はサラリーマンで受ける方が多いので週末や長期休暇は混むタイミングです。

 

施術を受けようと決めてクリニックやエステのカウンセリングを受けたにも関わらず、数週間、数ヶ月待ちでは予定が狂ってしまいます。

 

受ける受けないは別にしてもクリニックやエステで話を聞くことは悩みの解消にも繋がるので早めのカウンセリングをおすすめします。

 

まずはカウンセリングへ

髭脱毛クリニックやエステは全国に色々ありますが、髭脱毛をばれずに受けるには経験豊富な大手クリニックで受けるのが一番です。クリニックとエステの違いについては「 」で解説していますが、効果や通う頻度を考えても断然クリニックがおすすめです。

 

あなたの住む地域によっても通えるクリニックに違いはありますが、一番は全国に多数クリニック展開をしている「湘南美容外科クリニック」が一押しです。

 

その他、あなたの住む地域にクリニックがあれば以下の順で選ぶ参考にしてみてください。

 

  • 1位:湘南美容外科クリニック
  • 2位:イセアクリニック
  • 3位:KM新宿クリニック

 

クリニックやエステの選び方については「 」のサイトの「 」などがとても参考になりますし、私が施術を受けたときに参考にしていますので病院選びで悩んだときは参考にしてみることをおすすめします。

 

最後に

髭脱毛をばれずに受けたいと考えている方のためにばれずに受ける方法を紹介しましたが、正直なことを言えば髭脱毛はあまり恥ずかしがるような施術ではありません。

 

今では多くの男性が髭脱毛を受けています。例えばこちらのサイトを見てみるとわかりますが、このサイトの場合髭脱毛を受けた管理人に影響を受けてその友達と思われる方も髭脱毛をたくさん受けているようです。

 

施術を受ける人と受けない人の違いは意外と髭脱毛という方法を知っているか知らないかの違いだけなのかもしれません。

 

多くの方がわずらわしさを感じているのが髭なので。当然私も髭脱毛経験者ですが髭なんて邪魔くさいだけですもんね。永久脱毛をして生やしたくなったらどうしようと考えるものですが、そんなのいらない心配です。

 

今髭がいらないと悩んでいるならすぐに受けてみることをおすすめします。

更新履歴